多汗症で顔汗が出る方に知ってほしい情報

緊張すると顔からの汗が止まらない。人より凄く汗が出てしまう。

 

身体はそんなに気になるほど汗をかくことはないのに、顔だけ異常に汗が出てしまうのは「顔面多汗症」の可能性が高いです。

 

ここでは「顔面多汗症」の原因と対策方法をご紹介していきます。

 

もしも思い当たることがあったら注意しなければいけませんので、しっかりとチェックしてくださいね!

 

「顔面多汗症」とは?

顔面多汗症で最も多い原因は「自律神経の乱れ」だと言われています。

 

自律神経が乱れると交感神経に悪影響を及ぼします。

 

交感神経が刺激されると汗腺に影響し大量に汗が出ることになるのです。

 

精神的ストレスや疲労からくる自律神経の乱れはリラックスすることで解消することができます。

 

自分なりのリラックス方法を見つけて実践してみるのも良いでしょう。

 

「顔面多汗症」は治療できるのか?

原因が「自律神経の乱れ」の場合は、カウンセリングや薬物投与で治療することが多いそうです。

 

カウンセリングはストレスや不安の原因を解消するので、自律神経が正常な状態に戻ることが期待できます。

 

神経が正常に作動してくれるようになれば局所的に汗をかく事が少なくなるのです。

 

 

薬物投与で治療を行う場合は、神経遮断薬を使用します。

 

交感神経の末端に作用し汗の元となる物質を抑制してくれます。

 

とても効果がありますが、副作用が起こる可能性があり主な副作用は便秘や口の渇きなどです。

 

 

ほかにも手術で汗を抑える方法があります。

 

多汗症には「胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)」と呼ばれる手術が行われることが多いそうです。

 

発汗を促している交感神経を遮断することで局所的にかく汗を軽減する効果が期待できる手術です。

 

短期間で身体への負担が少ない術式と言われている一方で、「代償性発汗」という副作用が発生することもあるそうです。

 

この代償性発汗というのは顔などの止まった分の汗を胸や腹などほかの部位からの発汗が増えるそうです。

 

 

また、副作用の心配がないということでボトックス注射という方法もあります。

 

顔汗で悩む方には額にボツリヌス菌という薬を注入し、交感神経をブロックして汗を抑えるものです。

 

ただし、顔面多汗症の場合は保険適用外になりますし、効果も数ヵ月から1年位となります。

 

「顔面多汗症」に制汗剤を試してみる

薬物投与や手術は効果があるものの副作用の心配があり、費用面のことも考えるとすぐに決められないという方も多いでしょう。

 

そんな方には「制汗剤」を使ってみるという方法がオススメです。

 

制汗剤はスプレータイプのアイテムをイメージすると思いますが、顔汗用の制汗剤があるのです。

 

日本初の顔にも使える制汗ジェルクリーム「サラフェプラス」は、顔汗を抑え美肌効果があると話題になっています。

 

まずは手軽に始められる制汗剤で効果を試してみるのも一つの手段だと思います。

 

サラフェプラスについて紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。
顔汗対策にサラフェプラス

 

自分の症状に合う最適な方法を探しましょう

手術や薬物での治療には副作用が伴うので、医師からよく説明を受けて決断することが大事です。

 

ボトックス注射については、生涯効果を得られる物ではないので、その点もよく考えて決断しましょう。

 

デメリットばかり考えてると、なかなか踏み切れないかもしれません。

 

そんな時は、前にご紹介した制汗剤を試すなどリスクが少ない方法から初めることをオススメします。