サラフェプラスで手汗解消!?

サラフェプラスは手汗にも効くの?と思っている方はいませんか?

 

夏になると額や顔の汗、脇や背中の汗が気になる方も多いでしょう。

 

しかし、手汗だけはなぜか季節に関係なく悩む人が多いですよね。

 

人と手をつないだり握手したり手が触れ合う時に「ちょっと待って!」と手汗を拭いてからという場合も多いのでは?

 

今回は、手汗が出る原因ってなに?サラフェプラスで手汗が抑えられるのか?ご紹介していきます。

 

手汗が出る・止まらない原因とは

ストレスや緊張で手が汗でベタベタすることがあり、拭いても洗っても止まらない手汗に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

「手に汗握る」という言葉があるように、暑くもないのに手から汗が出て止まらないのには理由があるようです。

 

頭部・顔・脇の下・足裏・手のひらなどの色々な部分から異常なくらい汗が出る症状を「多汗症」といいます。

 

その中でも日常生活に支障が出るほど手のひらに汗をかくことを「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」と呼ぶそうです。

 

手汗が出る原因として考えられるのは
●緊張やストレスによる自律神経の乱れ
●ホルモンバランスの乱れ
●刺激物や香辛料の多い食生活の乱れから
●何らかの病気が原因である場合もある

 

汗をかくのは3つの要因があります。
1.温熱性発汗
 上昇した体温を下げるためにかく汗です。体温調節というのが一般的に知られていますね。

 

2.精神性発汗
 人前に出て緊張した時や驚いた時など精神的な刺激に伴ったものです。

 

3.味覚性発汗
 香辛料が効いた辛いものや刺激物などを食べた時にかく汗のことです。

 

手汗は主に2.精神性発汗が深く関係していると言われています。

 

よく考えてみると緊張して手汗がひどい時、汗を止めようとすればするほど出てくる気がしませんか?

 

これは、自分の意志では止められることが出来ませんし、止めようとすればするほど追い詰めることになるので余計に手汗の量が増えてしまうそうです。

 

サラフェプラスを手汗対策として使う

サラフェプラスは汗を止めるわけではなく抑える効果があります。

 

使用方法としては、手汗をかいてからサラフェプラスを塗っても効果はそれほどありません。

 

手汗が出る前に塗ることをオススメします。
もし、手汗が出てしまっている場合は手洗いをして水分をよく拭き取ってから塗ってください。

 

サラフェプラスは毛穴を小さく引き締めることで汗の粒を小さくし蒸発しやすくするため、汗が流れるほど出ないのです。

 

仕事で人前で話す時の緊張する前に、好きな人とデートする前に手汗が出そうだなと感じる前にサラフェプラスをハンドクリームのように塗ってみてください。

 

サラサラとしていつもの不快感が無くなれば、握手することも手をつなぐことも、人と触れ合うことへの抵抗が無くなるかもしれませんよ!

 

サラフェプラスの効果をもっと詳しく解説したページをぜひご覧ください♪
サラフェプラスのことを詳しく!

 

汗が出る原因を解説したページはコチラ!
汗が出る原因は?